携帯 モバイル ニュース

携帯電話 モバイル の最新ニュースです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://memaido.blog96.fc2.com/tb.php/816-9957aea1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

あなたは高い?低い?年収格差時代の給与相場チェック

空の向こうに / GO! THE SKIP
エンジニアにとって、資格は自分の知識を積み上げ、スキルアップするうえで目安となるもの。最近はより専門分野に則した資格も続々登場しつつある。その資格取得の目的や資格手当の現状、手当への満足度をアンケートで尋ねた。

■”弱肉強食”が激化し、格差社会が出現する時代に

これまで一億総中流と呼ばれた日本社会。世の会社員は、終身雇用と年功序列型の賃金体系に支えられ、良くも悪くも日本社会の中間層として、経済や社会の発展を支えてきた。ところが、バブル崩壊後の「失われた10年」の間に、企業の人事政策は大きな変貌を遂げることになる。

正社員を多数抱えることは重荷になり、賃金が安く契約解除しやすい非正規社員の比率が高まってきた。少数の正社員に対しても、全員に等しく高給を払うことは不合理と考えられるようになってきた。成果主義が導入され、高いパフォーマンスを示す社員は高給で優遇し、そして標準以下の業績しか上げられない人はリストラされるというように、社員の処遇が多様化してきたのだ。

初任給はたとえ安くても、じっと我慢すれば、同期入社組と一緒に昇進し、いずれは係長や課長になれて、年収も上がり、最後は退職金で報われる──そんな会社はいまどき皆無といってよい。

新卒で会社に入った20代前半の時点から、いまどきの会社員は激しい競争にさらされる。そのし烈な競争は会社員人生の最後まで続くことになるだろう。収益の分配は平等・均等にではなく、個人の成果によって不均等に分配される...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆29歳関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://memaido.blog96.fc2.com/tb.php/816-9957aea1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
プロフィール
kao
携帯モバイルに関するニュースを集めて います。
Google

ページランク

ランキング

カテゴリー
最新の記事
ブロとも申請フォーム
SEO対策 KENNAVI
SEO対策 SEOソフトなら
リンク集
ページランク6のリンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。