携帯 モバイル ニュース

携帯電話 モバイル の最新ニュースです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://memaido.blog96.fc2.com/tb.php/40-79740e24
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

町田の発砲・籠城事件 突入時期を慎重に決断

 ■警視庁、住民・捜査員の安全優先

 15時間にわたる膠着(こうちゃく)の末、東京都町田市の拳銃立てこもり事件は、武装した捜査員の強行突入で解決した。容疑者は再三の説得に応じず、拳銃や残りの実弾の数などの情報が不足する中での突入。刃物とは異なり拳銃犯の立てこもりでは、過去に犠牲を出した苦い経験が警察にある。夜明けが刻々と近づき、催涙弾を突破口にした突入はギリギリの決断だったが、拳銃立てこもりの制圧には妙手がないのが現状だ。(荒井敬介)

 ◆方針転換

 「説得して投降させるのが基本」。捜査幹部は20日正午すぎの発生当初から、この方針で臨んだ。が、暴力団組員の竹下祐司容疑者(36)は組幹部が投降を促しても応じず、その後は電話もつながらなくなり、持久戦にもつれこんだ。

 警視庁が方針を転換したのは、日付が変わろうとする20日午後11時半ごろ。30分前からの“最後の説得”が不調に終わり、「突入しかない」(捜査幹部)。人質はいないと判断し、選んだのは催涙弾による「あぶり出し作戦」だった。

 「バーン、バーン」。発生から15時間がたった21日午前3時5分。暗闇をオレンジ色の閃光(せんこう)が走る。十数発の催涙弾(ガス弾)をベランダや玄関わきの小窓に向けて撃ち込み、立てこもりや誘拐事件を専門とする捜査1課特殊班(SIT)の捜査員がなだれ込んだ。

 捜査員の目に飛び込んだのは、血だらけで倒れる容疑者の姿...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


◆携帯関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://memaido.blog96.fc2.com/tb.php/40-79740e24
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
プロフィール
kao
携帯モバイルに関するニュースを集めて います。
Google

ページランク

ランキング

カテゴリー
最新の記事
ブロとも申請フォーム
SEO対策 KENNAVI
SEO対策 SEOソフトなら
リンク集
ページランク6のリンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。