携帯 モバイル ニュース

携帯電話 モバイル の最新ニュースです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://memaido.blog96.fc2.com/tb.php/1657-fd4c743a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

伊東監督 判定に激怒「提訴だ提訴!」

[2008年カレンダー]卓上 斉藤和巳(ソフトバンクホークス)
 ソフトバンクが逆転負け。和田は2点リードの四回に暴投や押し出し四球などで3失点と乱れ、今季最短の3回1/3でKO。救援陣も精彩を欠いた。西武は西口が7回を2失点に抑え9勝目。カードの連敗を5で止めた。
 血相を変えて伊東監督が一塁ベンチを飛び出した。五回一死一、二塁。ワンバウンドの変化球に中島が空振り三振を喫し、スタートを切っていたカブレラが二塁で封殺された。併殺完成-。誰もがそう思った瞬間、指揮官は「ファウルチップだ!」と声を張り上げ、猛然と林球審に詰め寄った。
 バットに当たった後にワンバウンドしたと執ように抗議するが、判定は覆らない。最終的に伊東監督は試合のやり直しを求める「試合提訴」の意思を表明。「監督が『提訴、提訴』と言うので『どうぞ』と伝えた」(林球審)と審判団もこれを受け入れて、約6分間に及んだ抗議は収束。試合は再開された。
 結果的に快勝した試合後、伊東監督は「ああいうジャッジは困る。選手も一生懸命だし、つまらないゲームにしたくなかった」と語気を強めた。だが審判の判定に対する提訴は規定で認められないため、球団は提訴を見送り、小林球団社長が口頭でリーグに抗議するにとどめた。
 下位低迷が続くが、まだまだあきらめない-。それを、身を持って示した指揮官である。

(引用 livedoorニュース)




◆ソフトバンク関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://memaido.blog96.fc2.com/tb.php/1657-fd4c743a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
プロフィール
kao
携帯モバイルに関するニュースを集めて います。
Google

ページランク

ランキング

カテゴリー
最新の記事
ブロとも申請フォーム
SEO対策 KENNAVI
SEO対策 SEOソフトなら
リンク集
ページランク6のリンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。