携帯 モバイル ニュース

携帯電話 モバイル の最新ニュースです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://memaido.blog96.fc2.com/tb.php/1648-baef3fdd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

MNPショック再び、NTTドコモが契約数で2度目のマイナスに―グラフで検証するキャリア戦国時代

50%OFF!!17,850円⇒8,925円!!CHATEAU DE VERSAILLES シャトーベルサイユセーヌライン ショル...
 携帯電話の8月の契約数のデータが公開され、ソフトバンクモバイルが5月から4ヶ月連続で純増数のトップに立った。一方のNTTドコモは、番号ポータビリティ制度導入直後に続いて2度目のマイナスとなった。

社団法人 電気通信事業者協会は、8月末時点での携帯電話の事業者別契約数を9月7日に発表した。

 発表された資料によると、8月の事業者別契約数の純増数では、NTTドコモが22,900件マイナス、KDDIのAUのみでは203,000件の増、KDDIのツーカーのみでは44,500件マイナス、2つ合わせたKDDIの合計では158,500件の増。そして注目のソフトバンクモバイルは、188,900件増と、5月から連続で純増数のトップに立った。ただし、これはKDDIの合計純増数と比較した場合で、KDDI AUのみと比較すると、AUのみの純増数がトップ。また、NTTドコモは、番号ポータビリティ制度導入直後に続いて、2度目のマイナス成長となった。

 下のグラフは、契約数の純増の変化とともに、最近激しさを増している各社の料金割引サービスの発表状況を示したもの。特にソフトバンクモバイルは、他社が割引を発表した場合、24時間以内にそれより低い料金設定を発表して対抗することを明らかにし、実際に次々と割引サービスを発表している。


事業者別契約数、純増の推移。 8月のドコモの落ち込みが激しい。

 一方、事業者ごとの累計の契約数を見ると、NTTドコモの圧倒的優位は変わらない。各事業者の契約数は、ほぼ平行しながら、なだらかな右肩上がりを示しているが、ここに来てわずかながらも、事業者間の差は縮まりつつある...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆AU関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://memaido.blog96.fc2.com/tb.php/1648-baef3fdd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
プロフィール
kao
携帯モバイルに関するニュースを集めて います。
Google

ページランク

ランキング

カテゴリー
最新の記事
ブロとも申請フォーム
SEO対策 KENNAVI
SEO対策 SEOソフトなら
リンク集
ページランク6のリンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。