携帯 モバイル ニュース

携帯電話 モバイル の最新ニュースです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://memaido.blog96.fc2.com/tb.php/1611-7cd2b32b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

いじめ対策行動推進会議:関係機関と連携を 提言、6実例の対処方法盛り込む /岡山

外出先のエチケットに!歯周病予防にも。口臭防止剤ハイザック スプレー 6本セット
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070915-00000260-mailo-l33
 県教委が今年6月に設置した「いじめ対策行動推進会議」が14日までに提言をまとめ、門野八州雄教育長に提出した。実例を基に具体的な対応を盛り込んだ。委員長の古市裕一・岡山大教授(55)=教育心理学=は「いじめはすぐに解消するものではないが、一歩でも解決に近づくよう継続的に取り組んでほしい」と話している。
 紹介された実例は、(1)インターネット掲示板への書き込み(2)集団になじめないなど発達障害の疑いがある子へのいじめ(3)集団の中でいじめの対象が次々と変わる(4)暴力、恐喝(5)いじめる側の子が親から虐待を受けている(6)学校と保護者の関係の悪化――の6事例。インターネットや携帯電話を使ったいじめなど、学校だけでは事実関係の把握や対処が難しく、対応のノウハウも乏しい事案に重点を置いた。
 さらに、関係機関との連携を重視し、家庭裁判所、児童相談所などとの協力や、インターネット掲示板の削除依頼での留意点、児童虐待への対応をいじめ対策の一環として明示した。委員は学校長のほか、家裁調査官や臨床心理士ら12人に加え、県警のサイバー犯罪担当者をオブザーバーとして迎え、刑事事件に発展した場合の証拠確保にも配慮。いじめがあった場合には校内に対策委員会を設置し、外部からの助言を受けて対応するよう提案している。
 ほかにも「学校が指導放棄と思われることを懸念し、被害届け提出を勧めないことがある」「発達障害への対応方法の理解不足」など、いじめ解決の妨げになりそうな点にも言及しており、学校側の留意点として「毅然(きぜん)とした対応」「病院などと連携した支援チームの組織」などを挙げた...

ニュースの続きを読む




◆携帯関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://memaido.blog96.fc2.com/tb.php/1611-7cd2b32b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
プロフィール
kao
携帯モバイルに関するニュースを集めて います。
Google

ページランク

ランキング

カテゴリー
最新の記事
ブロとも申請フォーム
SEO対策 KENNAVI
SEO対策 SEOソフトなら
リンク集
ページランク6のリンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。