携帯 モバイル ニュース

携帯電話 モバイル の最新ニュースです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://memaido.blog96.fc2.com/tb.php/1157-1d6d3192
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

【コラム】 パンチラの歴史について夜通しマジメに語りたい!!

小悪魔姫☆キラキラワンポイントティアラSilver♪
夏の終電。仕事や飲み会を終え、疲れ果てたOLさんが脚を開いて眠っている。ドキドキ…。

「最近の若い娘は恥じらいってもんがねえよな…。古きよきパンチラはよう…ヒック」

しかし、横に座る酔っぱらいのおじさんがこうつぶやく。ん? パンチラに、今も昔もあるんだろうか…。そして、昔のそれは、そんなによかったんだろうか…。

「昭和20年代の女性は、もっと脚を広げて座ってましたよ」と語るのは、パンチラを歴史的に研究した風俗史家の井上章一氏。

「もともと、パンツというのは『陰部を隠すもの』だったわけです。スカートの普及とともに広まった習慣です。女性の意識としては、『パンツを見られる』ではなく、『パンツで隠してるから大丈夫』だったんです」

これ、今とはだいぶ違った感覚だ。しかも、男も似たような意識だった。そのころの川柳に「つむじ風/惜しいがみんな/はいている」という作品がある。つむじ風でスカートがめくれるけど、みんなパンツをはいていて残念。ここからは、当時の男がパンチラをその程度に感じていたことが見てとれる。では、パンチラはいつごろからありがたいものになったのだろうか?

「昔のパンツはズロースといって、太ももまで覆う短パンのようなものでした。しかし1950年代後半に、面積が小さく、密着度の高いパンツが輸入されます。最初は売春婦の間で広がり、やがて一般女性もはくように。その性的な感覚に女性自身がスリルを感じ、恥じらいも増していきました...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆風俗関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

スポンサーサイト
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://memaido.blog96.fc2.com/tb.php/1157-1d6d3192
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
プロフィール
kao
携帯モバイルに関するニュースを集めて います。
Google

ページランク

ランキング

カテゴリー
最新の記事
ブロとも申請フォーム
SEO対策 KENNAVI
SEO対策 SEOソフトなら
リンク集
ページランク6のリンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。